近藤会計事務所

Home > ライフ> 近藤会計事務所

小田原の税理士【近藤会計事務所】相続税の申告は相続専門税理士が対応


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原の税理士なら近藤会計事務所。相続手続きもお任せ下さい。3人の税理士が33年の実績と経験で相続税や不動産賃貸に関するお手伝いをいたします。まずはじっくりとお話をお聞かせ下さい。最善の解決策を一緒に考えます。

この税理士事務所は、小田原市や南足柄市など、小田原税務署管轄の範囲で相続等に関する税務相談や納税申告などの業務を行っており、開業して30年になるベテランの先生が対応しています。家族が亡くなって精神的にダメージを受けてしまっているときに相続税の事を冷静に考えることができない人も多いので、税理士に手続きを任せた方がしっかりと漏れのない納税処理をしてもらえます。実際に相続が発生してから納税の準備を始めてしまうとかなりバタバタとしてしまうことになるので、生前からいざというと時に備えて、相続対策や相続税の試算などの相談にも対応してもらうことができます。遺言書の作成などのアドバイスや納税額を少しでも安くするための財産の組み換えなどのサポートも行っています。個人に対しての依頼だけではなく、法人の顧客からの依頼にも対応しており、税務会計全般の処理の業務を受託しています。税務申告業務から日常の経理事務の指導や問題が発生した時の相談などにも対応しているので、経営者の良きパートナーとなってくれます。中小企業だけではなく、上場企業の業務の経験もあるので、会社の規模が大きいケースでも対応してもらえます。会社規模や従業員数によって、税理士報酬の額が異なるので、事前に見積もりなどを頼めばすぐに提示してもらえます。設立して間もない会社の経営者や経理担当者は手続きや経理のフローがわからないということが多いですが、そういった方からの依頼にも対応しており、会計記帳の指導等の若い経営者支援などにも力を発揮しています。法人の相続の際には、非上場株式の時には株価の算定が必要となりますが、株価算定業務も行っており、親族に散らばった株式を集約したいというお話も受けてもらえます。この税理士事務所は小田原税務署管轄の仕事の経験がかなり豊富なこともあって、各種税務申告手続きも素早く処理してもらうことができ、急いでる時にはかなり助かるでしょう。

注目キーワード

税理士
税理士の使命  税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命と......
日本税理士会連合会
英文表記:Japan Federation of Certified Public Tax AccountantsfAssociations 日本の税理士法に基づいて設立された団体。 東京都品川区大崎に本部をおく、税理士会の中央組織である。税理士となる資格を有する者...
<<関連情報:小田原 税理士>>
PAGE TOP ↑