pluspa

Home > ライフ> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスは最近耳にすることが多くなりましたが、ストレス軽減や集中力アップなどの効果が実証されていますい。アメリカではさまざまな大手有名企業や政府の関係機関でも取り入れられています。アメリカでは小学校など教育の現場でも積極的に取り入れられており、いじめや差別が減ったという実績もあります。日本でもテレビなどでも特集が組まれるなど注目されています。マインドフルネスは今集中している心の在り方で、雑念を持たずにリラックスして、今を集中して神経を研ぎ澄まされている状態です。無理をしていないためストレスも感じずに、今の自分の力を最大限発揮することができる状態です。マインドフルネスはストレスなく自分の力を最大発揮するための方法です。一般的に人間はさまざまなストレスや情報に左右されている状態で日常を過ごしています。1日に処理する情報は仕事でもプライベートでも増えていて、現代人は心が休まる時間はなかなか取ることができません。頭の中には、不安や否定などやすでにどうにもできない過去のこと、どうでも良いことがぐるぐる廻っていて考え過ぎな状態です。考え過ぎな状態は、混乱して事実が見えなくなったり、否定的な心の声が大きくなってストレスが溜まってしまいます。マインドフルネスは精神状態を意識的に改善していきます。リラックスしている状態なのに感覚が鋭くなっていて、これまで漠然とした不安に振り回されていたことがなくなって、精神的に安定した状態になります。マインドフルネスで一番使われる方法が瞑想です。瞑想は古くから禅やヨガに取り入れられていましたが、マインドフルネス瞑想は怪しげな精神論や宗教的な要素を排除しているため誰にでも気軽に活用することができます。マインドフルネスを使うと自分に対する評価や判断、恐怖や否定などの負の感情だけでなく、雑念や無駄な思考を排除して、自分自身を静かな場所の中心として置くことができます。多くのトップ企業の経営者は瞑想を週間に取り入れています。

注目キーワード

ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
<<関連情報:マインドフルネス>>
PAGE TOP ↑