HOUSE BEAUTY

Home > ハウス> HOUSE BEAUTY

外壁塗装は横浜市青葉区、外壁リフォームのハウスビューティーへ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

外壁塗装を横浜・川崎でお探しなら、外壁リフォーム施工実績17,000件の外壁のプロ、ハウスビューティーへお任せください。耐震性能を高める外壁タイル、金属サイディング、デザイン外壁リフォームや耐震リフォーム等お気軽にお問い合わせください。耐震診断は無料で実施しております。

横浜市では、木造住宅の耐震リフォームに関する工事費用を市が補助する制度があります。申し込みの受付は「一般社団法人横浜市建築士事務所協会」が行っていて、平成30年の補助金限度額は一般世帯で105万円、非課税世帯で145万円です。対象となる住宅ですが、横浜市で昭和56年5月末日以前に建築確認を得たものになるので、それ以降に着工されていたしても大丈夫な場合があります。他にも2階建以下の在来軸組構法で建てられたものが条件であり、自分で所有し居住していることが必須です。また、耐震リフォームが必要かどうかの一般診断法により、上部構造評点が1.0未満であることも補助を受けるための条件になります。対象となる工事は、基礎や柱はり、耐力壁の耐震リフォームに、屋根のふき替え(軽量化のため)です。耐震診断が1.0以上になるように工事をすることになります。建て替え工事は補助の対象とはならないので注意しましょう。申し込むときは必ず申込書の提出が必要です。申込書類はハウスクエア横浜や横浜市建築局建築防災課の窓口、市のホームページ(建築局のページ)からダウンロードすることで手に入れることができます。申込書類と一緒に申請の手引きを配られているので一緒に手に入れておきましょう。なお、この制度を利用して耐震改修工事を行える業者は横浜市に登録のある業者のみとなります。トラブル防止や信頼できる業者を市民が利用できるようにするため、市が登録制度を設けているためです。ただし、登録していない場合でも1時登録により設計や施工を行えることもあります。登録事業者名簿に掲載している業者にリフォームをお願いするか、懇意にしている業者に依頼したい場合は登録しているかどうか聞き、していなければ1時登録申請を行えるかどうか尋ねてみましょう。1時登録できる工事業者は市内に本社のある業者のみです。補助を受けたいのであればいずれにしても市内の業者を選ぶようにします。

注目キーワード

リフォーム詐欺
高齢者を狙い、自宅のリフォームを勧め、法外な暴利を貪る詐欺。 平成17年頃から社会問題となる。
野村不動産リフォーム
野村不動産ホールディングスはリフォーム事業の強化、拡大を目的に新会社、野村不動産リフォームを設立し、4月1日から営業を始める。マンション管理を手掛けるグループ会社の野村リビングサポートが現在リフォーム......
<<関連情報:耐震リフォーム 横浜>>
PAGE TOP ↑