ドリームネット

Home > ハウス> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

何かを借りる時には、保証人が求められる事もあります。住宅物件を借りる時などは、たいてい保証人が必要です。賃貸の居住者が滞納してしまうと困りますから、不動産会社としては、保証人を求めてくる事にあります。したがって住宅を借りたいなら、まず保証人を立てる必要はあります。中には保証人不要な賃貸物件もありますが、原則としてそれは必要です。このように、何か借りる際に保証人が求められる事も多々あるので、住宅ローンも同じであると思われている事もあります。確かに住宅ローンでも、それが求められる事もあります。しかし最近では、状況が少し変わってきています。確かに保証人を立てている方が、金融業者としても安心できますから、保証人が必要な事も多々ありました。しかし最近は金融業者の考え方も色々変わってきていて、むしろ保証会社に対する加入が重要視されつつあります。保証会社は、お金を借りている本人に万が一の事があっても、返済の保証をしてくれる訳です。ですから銀行側にとっては、保証会社に加入している方々でしたら、住宅ローンの審査を通しても問題ないと見込んでいます。すなわち保証会社の審査に通るなら、保証人不要で借りられるローンが、ここ最近では増えてきている訳です。昔とは、状況は大きく変わりつつあります。ただ注意すべき点もあって、保証会社への加入が求められますと、お金を払う事になる訳です。いわゆる保証料です。金融会社によっては、その保証料が若干高めになっている事もありますから、注意が必要です。ただし、それもローン次第でもあります。確かに多くの住宅ローンでは、保証料も発生しますが、中には例外的な商品もある訳です。例えばネット銀行が提供している住宅ローンですと、保証会社が求められない事も多いです。保証人も不要な事も多いので、多くの方々はネット銀行の住宅ローンを検討しています。ですからローンに関する保証がどうなるかは、状況次第です。

注目キーワード

住宅ローンアドバイザー
最適な住宅ローンを顧客の立場から提案するためのアドバイザーを養成すべく設立された財団法人住宅金融普及協会が認定する民間資格。
住宅ローン担保証券
金融機関が顧客の住宅ローン債権を担保として証券化したRMBS(Residential Mortgage-Backed Securities)のこと。 →RMBS
<<関連情報:住宅ローン 審査 通し屋>>
PAGE TOP ↑