株式会社松浦建設

Home > ハウス> 株式会社松浦建設

札幌のリフォーム・リノベーションなら株式会社松浦建設 | 外壁、マンション、断熱、フルリフォーム


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌のリフォーム・リノベーションなら「あたたかい家」「すずしい家」を提案する株式会社松浦建設へ。住宅、マンション、外壁、断熱、屋根、キッチン、洗面化粧台、ユニットバス、サッシ、フローリング、和室、外壁、フルリフォームに対応。法人・個人から小工事・大工事までご相談ください。

北海道札幌市は春夏秋冬がハッキリしている土地でもあり、特に冬には氷点下になることから住宅などは温かさが保たれるように作られています。しかし、温かさが逃げないように作られているといっても、住宅の劣化があるとどうしても寒さが厳しくなっていきます。そういうときにやっておくのがリフォームになり、外壁にサイディングという処理をすることによって、住宅を長持ちさせる方法もあります。住宅の壁には断熱材が入っていることから、住宅が温かくなりますし、冬は温かく夏は涼しいという万能なつくりになっています。まさに寒い札幌ならではの作りになっているといえます。またリフォームをする人では、近年は高齢者が増えているのが自分の自宅をバリアフリーに変えるということがあります。バリアフリーにすることによって暮らしやすくなりますし、また早い段階からリフォームをして自分の理想の住宅に向ける人もいます。リフォームを考えるときには家具の位置なども前もって想定することが必要になります。家具の位置が変ってしまうときには、イメージをしておかなくては思っていた場所に置けないということも少なくありません。前もって業者と相談しておくことによって、便利に遣うことができるようになります。特にバリアフリーにしているときには高齢者が使いやすい作りに変えるのに、使いにくいということになってしまうと本末転倒です。家族と相談をしてどのようにしてリフォームをしていくのかを話し合うことで、新しい暮らしを作ることができます。ライフスタイルを作るのは、家族と一緒になってやるとトラブルも少なくなります。札幌は200万人に迫る人口がいますが、その中でも一戸建て住宅を持っている人もたくさんいます。高齢者では雪の問題に寄って引越しを考える人もいますが、リフォームによって雪の対策をできる住宅に変えることで、長年住んできた場所から離れることなく暮らすことができます。

注目キーワード

長谷工リフォーム
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
PAGE TOP ↑