陣内ウィメンズクリニック

Home > エステ> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

妊娠をするには男女の性交が必要です。結婚をして待っているとコウノトリが運んできてくれたりするわけではありません。川に洗濯に行ったら桃が流れてきてその中から子供が出てくるわけでもありません。女性には卵子があり、男性には精子があります。女性の卵子は一時期に一つ排卵される仕組みになっています。男性の精子は正常な人なら一度の射精でかなりの数が出されるようです。上手く精子と卵子が結びついて受精卵となれば、それ以降は成長を待つのみになります。男性側に問題がない時に性交を行ってもなかなか妊娠ができない時、女性側でできる不妊治療を選択していきます。不妊治療の一つとして、排卵誘発法の選択があります。女性が排卵をするのは体の正常な反応になります。初潮を過ぎてから閉経を迎えるまでは、大体1箇月に一度ほど起きるとされます。その排卵が行われたときに性交をすると、妊娠しやすくなるとされています。ではすべての人が定期的に排卵しているかとなるとそうではありません。体の事情によって、排卵できない状態、排卵しにくい状態などがあります。するといくら性交を行っても妊娠には至りません。病院で検査をしてもらえば、男性側、女性側の問題点などが分かります。女性の排卵に問題があるとわかれば、この不妊治療の選択が有効になります。排卵誘発法には一定の薬や注射などを用います。と言ってもいつそれらを行っても良いわけではありません。女性に卵子の素が無ければ、いくら排卵を誘発しようとしても無駄になってしまいます。まずは卵子の状態を確認する必要があるでしょう。卵子がある状態で排卵ができない時、卵巣を刺激する薬や注射を利用して人工的に排卵を起こさせます。これによって排卵が起きそうであれば、その時に性交を行います。これで妊娠しやすくなるとされています。排卵を誘発する薬にはいくつかの種類があり、女性側の体の状態から選択されます。能から卵巣に刺激するよう指示する薬などを使います。

注目キーワード

動物病院
獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称。 アニマルメディカルセンターなどとも呼ばれる。獣医師の他動物看護師、助手などで成り立つ。 近年のペットブームの影響を受けて世界...
病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
<<関連情報:不妊治療>>
PAGE TOP ↑