あかりホームクラフト株式会社

Home > ハウス> あかりホームクラフト株式会社

注文住宅は藤沢市湘南台のあかりホームクラフトにお任せ


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川を中心に注文住宅でお客様に快適な暮らしを提供している藤沢市湘南台の あかりホームクラフトです。また、注文住宅の他に、住まいのリフォームも承っ ています。完全自由設計の注文設計をしている当社だからこそ、より快適な暮ら しをご提供できます。

一年を通して温暖な気候の藤沢市は、注文住宅の一戸建てを新築するのに魅力的な環境です。神奈川県の中でも観光の色合いが強い鎌倉や江の島がエリア内にありますので、豊富な自然と接しながら暮らせる環境であり、木造建築で風通しの良い設計デザインの住まいは長持ちしやすくなるからです。木造建築の住まいは、風通しの良さが重要ポイントですが、風通しが良くなる設計であっても、常に風通しの良い住まいであり続けるのは容易ではありません。海岸エリアからは海風が内陸に向かって吹き、内陸からは海岸に向かって陸風が吹きますが、海風と陸風は一日の中で入れ替わるように吹くのが特徴です。藤沢市で風通しの良い設計デザインの注文住宅を建築すれば、一日に最低でも二回ほどの自然な風通しを確保できる地域的な特徴があります。敷地面積に対する建ぺい率の問題でも、注文住宅は柔軟性を発揮できます。画一的に決められた設計ではなく、土地そのものを診断してから設計できるので、限られた延床面積の一戸建てでも、柔軟に窓や開口部を設計して、風通しできるように工夫できます。家族が不在のときでも、常に風通しの良さを採り入れられるのが屋根と外壁です。どちらの方向から風が吹いてくるのか、風の当たる場所を計測しながら設計できるのも注文住宅ならではのメリットです。基本的に施主と工務店が綿密に話し合いながら住まいを設計できるので、気候条件や周辺環境などに柔軟に対処でき、その土地ならではのメリットを最大限に活かせる配慮がされます。藤沢は人気の高い街ですから、地価は決して安くないものの、生活の利便性や過ごしやすい気候と豊かな自然など、金銭面だけでは推し量れない魅力が満載です。初めてマイホームを建築してもらうなら、完成した住宅を見せてもらうのも役立ちます。外観だけでも十分に魅力が分かりますので、工務店に問い合わせてみましょう。工務店によっては、懇意にしている居住者に依頼して、屋内を見せてもらえるように取り計らってくれます。

注目キーワード

中古住宅
使用した住宅
住宅地
土地、宅地の利用区分の1つで主に住居を建設することを目的とした土地。日本の場合、農村部の農家集落地などを除き、ほとんどが都市計画法によって第一種住居地域などの住居地域の用途地域に指定されている場所にあ......
<<関連情報:注文住宅 藤沢>>
PAGE TOP ↑