コッツワールド

Home > ハウス> コッツワールド

イギリス住宅・イギリス建材 輸入住宅 東京 リフォーム 洋風 コッツワールド


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

伝統あるイギリス住宅のデザインとイギリス建材を融合させた最高レベルの輸入住宅は東京のコッツワールドにお任せください。

東京で建てられる輸入住宅は「面」で建物の構造を支えています。床や壁など6面体のモノコック構造となっており強固な作りが特徴です。大きな地震で揺れたり台風や大雪にあっても耐えられます。日本の耐震基準もクリアしています。実大振動台試験では大きな地震の揺れであっても窓ガラスすら割れなかった実績を持ちます。寒い冬を乗り越えるためにも断熱性に優れた東京の輸入住宅は活躍します。北欧は真冬は氷点下30度を下回る厳しい気候です。断熱性に優れた3層のガラス窓は日本の住宅よりも30年早く取り入れています。断熱性をより高めるLow-E金属膜やアルゴンガスなど技術も進化し続けています。東京で輸入住宅を建てることで寒さも難なく乗り切れるでしょう。防火性能については日本の木造住宅と同様に問題ありません。木は一定の太さになると燃焼速度が遅れます。使われている木材は壁も床も分厚いので防火基準は守られています。木製の窓にしたい場合も防火認定をクリアしている窓が選べるので安心です。このように断熱性や耐震性に優れる輸入住宅は選択肢と考えても損はありません。お洒落なデザインなので東京の一等地に建てることは高いステータスとなります。資産価値のために購入するのもおすすめです。中古住宅でもお得な価格で販売しているので視野に入れましょう。継続してメンテナンスやリフォームも可能です。本国ではホームセンターに部材がそろっており、日曜大工でメンテナンスする人もいます。日本のホームセンターでは取り扱いが少ないのでまずは建築会社に問い合わせしましょう。部品の取り寄せに時間はかかりますが確実に交換してもらえます。欧米やヨーロッパでは製品の規格が厳密に決まっており、幅や高さなどが規格化されています。30年以上前に建てられた家であれど問題ありません。部品を扱うメーカーが倒産したとしても、別のメーカーから取り寄せることができるからです。メンテナンスをしながら長く住めるのはむしろ輸入住宅に軍配が上がります。
<<関連情報:輸入住宅 東京>>
PAGE TOP ↑