堀内恭彦法律事務所

Home > ビジネス支援> 堀内恭彦法律事務所

福岡の弁護士 堀内恭彦法律事務所


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

福岡で弁護士をお探しなら、堀内恭彦法律事務所へ。「迅速・丁寧・明確な料金設定」をモットーに弁護士活動に取り組んでおります。 トラブルは早目の解決が肝心です。一緒により良い解決策を探しましょう。 気になること、心配なことがあれば、まずは、お気軽にご相談ください。

親が急に亡くなってしまい、遺言書なども残していなかったので相続時に親族間でトラブルになってしまいました。 当事者同士で話し合いはしていましたが、それぞれの立場で権利を主張するため話がまとまる気配がなかったので、相続問題に詳しい福岡の弁護士に相談をしました。 福岡の中央区に事務所がある弁護士であり、自宅からもアクセスしやすいかったので、すぐに相続問題について相談をして当事者間の話し合いの場に来てくれることになりました。 お互いが感情的になってしまっている中で、法律の専門家の立場で話を進めてくれたので、相続人同士の主張も徐々にまとまるようになり、遺産分割の話も相互に納得する形で整理することができました。 不動産も遺産の中に含まれていましたが、この先生は不動産の相続についても知識があったので、相続財産を競売することなく遺産分割ができました。 お互いの合意の証拠となる遺産分割協議書の作成も弁護士に一緒にお願いすることができてとても助かりました。 相続人同士がみんな納得する形で協議がまとまったので、慣れている専門家の力はかなり大きいと感じました。 相談の報酬や業務依頼費用なども事前に明示されていたこともとても良かったの感じています。

注目キーワード

カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
<<関連情報:福岡 弁護士>>
PAGE TOP ↑