ブライダルアーツ

Home > ビジネス支援> ブライダルアーツ

ブライダルアーツ | 東京渋谷区でフォトウェディングならブライダルアーツへ。ロケーション撮影や和装での前撮りも対応しております。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

冠婚葬祭はとにかく派手に行われるのが昔からの日本の伝統で、結婚式などはその代表と呼べるものでした。現在もそれは変わっておらず、芸能人が結婚する時は神社やホテルを貸し切って行われたり、テレビで大きく報道されるなどニュースになる要素が強いです。若い人たちは経済力がないので、親に頼んで盛大な式を挙げます。もともと結婚とは家と家の結びつきであり、本人よりも周りが世話を焼いてやり、仲人が段取りを作って式が行われていました。しかし、現代は本人同士で話し合い、どんな式にするか何人参列者を呼ぶかなどを決め、招待状もその計画に合わせて送ります。極端な話、両親および兄弟姉妹と本人たちだけの式でも良いわけです。二次会なども身内だけで行うのですごく簡素ですし、かかる費用も安くて済みます。諸費用が安くなった分料理にお金をかけることができたり、新婚旅行のお金を増やしたりすることもできるため、大変自由度が高くなりました。こうした自由度の高い式を行うカップルが増えている反面、伝統的な式を行うことで地域との結びつきを強くしたいと考える若い人たちも増えています。地元意識が希薄になる中でこうした動きが出るのは珍しいですが、若い人たちの中にも地域や親戚の結びつきを重視する人がいて、彼らは未来の自分たちが暮らしやすい環境を作ろうとしています。特にマイホームを故郷に作り、そこで暮らすことを考えているカップルはもともと住んでいた土地に自分たちの居場所を作ろうとして必死です。地域社会または親戚を含めた家族の一員となるために盛大に式を行い、自らをアピールする必要があるのは今も昔も変わりません。二人は結婚してどのような生活がしたいかをあらかじめ考えた上で、いかなる式を行うべきか決断します。どれだけお金をかけようと、かけなかろうとそのカップルが行うプライダルは一度だけであり、やり直しはできません。だからこそ事前にいろいろな計画を立て、準備をする必要があります。

注目キーワード

記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
<<関連情報:フォトウェディング 東京>>
PAGE TOP ↑