税理士法人わかば

Home > ビジネス支援> 税理士法人わかば

外資系企業向けサービス | 東京 町田の税理士法人わかば


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

20年を超える外資系企業対応の実績 給与計算、記帳代行、親会社レポート、税務申告、支払業務までワンストップでサービスを提供しています。外資系企業独特の経理フロー、給与計算、国際税務に精通しておりますので安心してお任せください。

基本的には、昔に比べても税金の負担が増えてきているので、外資系の企業も、税金の仕組みが複雑化する中、真剣に税理士を選び抜くことが重要となります。海外の企業が絡んでくる以上、通常の企業に比べても、外資系産業はどうしても税金の計算が複雑になってしまうでしょう。素人判断では難しいので、とにかく優秀な税理士の先生に声をかけて、しかるべき計算をしてもらうことが大事です。もちろん、しっかりと計算してもらいながらも、税金対策をしてもらうことが大きなポイントになってきます。融通が利くような、百戦錬磨の頼もしい税理士事務所であれば、こちらが望んでいる通りの金額分、対策を練ってくれるでしょう。どういったところから引くことができるのか、そういったことに関してしっかりと精通しているような先生なら、より安心して任せることができます。そのような実績を持つ先生が在籍している事務所が一体どこになるのか、まずはそこにフォーカスを当てて、確かめるようにしておきたいところです。地元で活躍している税理士事務所の中で、お願い出来る先生が在籍しているなら、そちらに声をかけた方が無難だといえます。全く心当たりがない場合でも、今の時代ならインターネットなどのコンテンツを利用することで、優秀な事務所をすぐにピックアップすることができるでしょう。実際に、特定の税理士事務所に税金対策をお願いしたことがある人の体験談も、ネット上の口コミ情報サイトからすぐチェックすることが可能です。ある程度名前が見かけられる有名な税理士事務所を厳選することができたら、ホームページ上から実績を確認するのが基本的な流れとなります。外資系産業と一緒に仕事をした実績があるなら、それだけでも最初から安心して任せることができるでしょう。当然ながら動いてもらう以上、料金が発生するので注意です。実力と料金のバランスが取れている、コストパフォーマンスの良い事務所を選ぶことも、大きなポイントだといえます。

注目キーワード

税理士会
税理士による団体。日本の税理士法第18条の規定に基づき、税理士が税理士業務を行うには「[]税理士会[]」に加入しなければならない。
税理士情報検索サイト
日本税理士会連合会による税理士・税理士法人の検索サイト。 開始日:2009年3月24日 掲 載:公開情報と任意公開情報で構成される。 **【公開情報】 -氏名 -登録番号 -登録年月日 -所在地 -所属税理士会 -事務所名...
PAGE TOP ↑