アメニティコーポレーション

Home > ビジネス支援> アメニティコーポレーション

アメニティコーポレーション


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO内部監査が適切に機能する為には、担当者が質問する必要があります。ISO内部監査は、社内の業務フローなどを一旦決定する訳です。効率良く業務を行う為の流れも定めておき、マニュアルも作成するのが一般的です。しかし一旦はフローやマニュアルが作られても、機能していなければ意味がありません。きちんと売り上げや成果に結びつくか否かが、一番大切だからです。このためISO内部監査の担当者は、時には現場で質問する事もあります。フロー通りになっているかどうかも確認する為に、状況に応じた質問をするのが一般的です。ところが企業によっては、その質問が無意味になっている事もあります。質問する以上は、質問の内容も決定する事になります。しかし質問の内容が的外れで、フローやマニュアルは問題無いかを確認できない事もある訳です。質問すれば良い訳ではありません。的確な質問をしなければ、無意味になってしまいます。ですから担当者としては、まず質問内容を固めておく必要があります。具体的には、イエスかノーで答えられる質問では、あまり意味がありません。その質問にする方が良い事も、確かにあります。しかし現場での全ての質問が、イエスかノーで回答できるタイプですと、あまり意味がなくなってしまう事も多いです。質問自体が、時間の無駄になってしまう事もありますから、注意が必要です。一般的には、「どのように」で始まる質問にするのが妥当です。例えば顧客対応に関して質問するなら、「どのように顧客対応していますか」という表現にしたり、「どのように評価していますか」といった具合です。担当者がイエスかノーで答える質問よりは、現場の詳細も把握できる傾向があります。その質問に対する回答次第で、ルールやマニュアルの問題点が見えてくる事も、少なくありません。つまり質問を工夫する事が、ISO内部監査のポイントの1つです。まずISOの本質を理解し、効果的な質問を心がけるのが望ましいです。
PAGE TOP ↑