Studio Verde

Home > ビジネス支援> Studio Verde

レンタル撮影スタジオ スタジオヴェルデ STUDIO-VERDE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

STUDIO-VERDE(スタジオヴェルデ)は、靭公園の前にある撮影スタジオです。撮影会、個人撮影、ECショップ向けの撮影など様々な方にご利用頂けます。

自分の店を持つことはできないけれども、インターネット上でならショップをオープンさせることができます。大手インターネットショッピングサイトへの出店料は必要ですが、店舗を借りた場合のテナント料に比べるとはるかに安く済むからです。インターネットショップとはいえ、念願の自分の店を出店することができたなら、もっとも重要なことはネット上で映える写真を掲載することです。SNSにきれいな写真を投稿するためのシチュエーション重視といった意味合いの言葉が、流行語大賞に選ばれたことからもわかるように、ネット上では写真が判断材料の大部分を占めます。そのため、いかにきれいな写真を掲載するかが売り上げを左右するといっても過言ではありません。大阪に住んでいる人なら、大阪にあるレンタル撮影スタジオを利用して写真撮影をするのがおススメです。レンタル撮影スタジオを利用する一番のメリットは、さまざまなシチュエーションを作れることです。加えて広い空間があるので、特にアパレル関係の品の写真を撮るにはうってつけと言えるでしょう。モデルに洋服を着用してもらい、おしゃれな雰囲気漂う空間で撮影した写真を掲載すれば、洋服も自然と素敵に見えてきます。モデル着用とそのシチュエーションの写真から洋服が気に入るということはよくありますので、一枚の写真が売り上げにつながる可能性はかなり高いと言えます。シーズン毎に一気に撮影してしまえば、レンタル撮影スタジオの利用料金もそれほど負担になりません。商品そのものはレンタル撮影スタジオ以外のところで撮れるというのであれば、シチュエーション写真だけで済みます。それなら、一気に一年分のシーズンを撮影しておき、流行が変わればやり直し、変わらなければそのまま写真が使えますので、より経費削減につながります。大阪は大都市だけあって、大阪の中でも特に行きやすい場所にレンタル撮影スタジオがあります。撮影するならここというところを決めておくと、ショップ運営がいっそうやりやすくなることウケアイです。

注目キーワード

写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
PAGE TOP ↑