OKC

Home > 学校> OKC

ニュージーランド・オーストラリアの高校留学・帰国子女留学ならOKC


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

ニュージーランドで高校留学をすると、結果として英会話を身に付けて帰ってくることができます。もちろん、それだけではなく、学んだ学部で得た経験を利用し、帰ってきたときに社会で役立てることができるでしょう。しかし、そういったことが霞んでしまうほど、英会話を身に付けて帰ってくることができるメリットと言うのは、本当に大きいといえます。今の時代はボーダレス社会となっており、ワールドワイドに活躍できる人材のニーズが、至る所から出ているはずです。そのニーズに応えることができると言うことを考えると、ニュージーランドの高校留学がいかに有意義なものなのかがわかるでしょう。ハイレベルな大企業の外資系産業で活躍するチャンスもでてきますし、それこそ国境など関係なく、世界中で活躍できるチャンスを生み出すことができます。可能性が無限大になるので、ニュージーランド留学はお金がかかるものの、それ以上の価値があるのでお勧めです。高校留学をしたことがあると言う人の話に耳を傾けると、重要な参考材料がたくさん手に入るでしょう。ニュージーランドは確かに私たちの国から遠いですが、インターネット上からチェックすれば、簡単にその国の状況を確かめることができます。今実際に高校留学して、経験中の人たちのソーシャルネットワークサービスのアカウントなどを見つけることができれば、どんな国なのかある程度わかるはずです。基本的にニュージーランドの人たちは、他の国に比べても非常にホスピタリティが高かったりするので、安心して暮らすことができると言うのも1つの特徴だといえます。暖かく向かい入れてくれるので、その辺に関しては心配する必要はないでしょう。後は、どこの学校に留学するかが重要です。自分が学びたいと感じている学科にも注目して、将来無駄にならないような学びができるところを選ぶのが基本となります。もしネット上に目を向けているなら、ついでに学生ビザの取得方法なども、前もって学んでおきましょう。

注目キーワード

NOVAうさぎのゲームde留学!?
KONAMIが出した英語学習ゲーム。2006年10月12日からゲームセンターで稼働中。 語学スクールのNOVAが責任監修しており、問題もネイティヴのスタッフによる問題作成の他、全問題にネイティヴスピーカーの音声付きで安...
フィリピン留学
*特徴 +マンツーマンレッスン形式の授業が多い +欧米留学にくらべ費用が安い(1/3程度) +生活費が安い(月2〜3万程度) +異文化体験になる。 +治安も意外にわるくない。(マニラは少し難あり) *お隣、韓国英語...
<<関連情報:高校留学 ニュージーランド>>
PAGE TOP ↑