さやま保育園ふじみ

Home > 学校> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

狭山市で保育園を探すには、インターネットがおすすめです。また、ママ友などに聞いてみるのもいいでしょう。情報は多ければ多い方が比較しやすくなります。もちろん、申し込みをすれば誰でも利用できるというわけではありません。最近は保育士不足となっている地域が多く、定員が決められていることもあります。狭山市の保育園でも既に定員となっているところがあるかもしれません。その点もきちんと調べた上で申し込みましょう。ただし、満員だからといって遠方の保育園を選ぶというのは送迎が大変です。できるだけ送迎がしやすく、利用しやすいところを選択します。場合によっては利用待ちになってしまうこともありますが、入れるまでは近所のママ友や親戚、親族などにも協力してもらいましょう。それから、狭山市の保育園といってもいろいろあります。それぞれ特徴も違うので、よく調べてみることが大事です。一度、見学に訪れてみるのもいいかもしれません。説明会を定期的に設けているところもあります。このような機会を活用してみましょう。当然、親御さんが安心してお子さんを任せられると感じたところを選択します。また、遠方で働いているという人の場合、お迎えが遅くなってしまうこともあるでしょう。時には残業で遅くなってしまうという人もいるはずです。そんな時のためにも、できるだけ遅い時間まで預かってくれるところを選択すると安心です。最近は共働き家庭が多くなっており、延長して預かってくれる保育園も多くなってきています。ただし、いつも遅くまで預かってくれるからといって頼り切ることのないようにしましょう。お子さんの気持ちも考えることが大切です。それに保育士の仕事の負担も考慮しましょう。それから、信頼関係を築くことも大切です。保育士の労をねぎらい、感謝をしつつ保育園を利用するようにしましょう。小さな子どもは急に発熱するなど、体調を崩すこともあります。連絡が取れるようにしておくことも大切です。

注目キーワード

認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
無認可保育所
国の認可や認証を受けない保育所のこと。東京都の場合は、認証保育所でもない保育所のことを指す。24時間保育などを行っている所などがある。公的助成がほとんど無いので保育料が比較的高いとされる。
<<関連情報:狭山市 保育園>>
PAGE TOP ↑