WIP

Home > サービス業> WIP

WIPジャパン|グローバル法人・企業向け多言語・インテリジェンスサービス(翻訳・翻訳者派遣・オンライン通訳・海外調査)


英語の関連情報

英語(えいご、English)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・大阪を拠点に、約8,000社のお客様と過去50,000件以上のプロジェクト実績。世界139言語・414都市における約9,000名の翻訳者・通訳者・リサーチャー・現地スタッフが多種多様な分野に対応。翻訳・翻訳者派遣・オンライン通訳・海外調査等の高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供しています。

今からでも遅くないので、翻訳のスキルを身に付けて、ぜひともハイレベルな翻訳会社で働くように努力しておきたいところです。有効求人倍率は今とても高いので、いろいろな工夫をすればすぐ求人情報は見つかります。ハローワークに足を運ぶ時間的な余裕をまったく作ることができないからといって、諦めるのは早いと言えるでしょう。基本的にはインターネットを利用して、全国規模で求人情報を探すのが妥当だといえます。もしそれが面倒だと感じているのであれば、仕事情報が掲載されている雑誌、及びハローワーク等をうまく駆使して、自分なりのやりやすいやり方で最新の求人情報をリサーチしてみるべきです。そうしているうちに、非常にハイレベルな翻訳会社が一体どこになるのかが見えてくるようになります。せっかく働くのであれば、もちろんレベルが低いよりは、高いとされている会社でしっかりと働いた方がモチベーションを保ちやすいでしょう。ただ、ハイレベルなところで働くとなると、それなりに高いハードルを乗り越えなければならなくなります。自分の得意な言語が何になるのか、そしてその言語を、入社したいと感じている翻訳会社は求めているかどうか、それを見極めることが大事です。自分1人で悩んでも結論が出ない場合があるので、それこそエージェントやハローワークで、キャリアカウンセリングを受けてから選んだ方が良いでしょう。これからも、翻訳のニーズは枯渇することがなく、むしろ増え続けて行きます。ボーダレス社会となり、グローバルに活躍できる人材を求める声が増えているからです。まだまだ遅すぎるということは無いですし、むしろこれからどんどん求められる分野なので、スキルがある人は自分に大きな自信を持って動くようにしましょう。アルバイト等のスタートになる場合も、将来性のある現場かどうかを見極めて、最後には正社員を目指すようにしておきたいところです。正規雇用にしてくれるというのが最初から分かっていれば、やる気を高めて働くきっかけにもなります。
PAGE TOP ↑