Berry&Rose

Home > サービス業> Berry&Rose

人毛の医療用ウィッグ・おしゃれな医療用かつらのベリー&ローズ


の関連情報

かつら、カツラ(桂、葛、鬘)
※テキストはWikipedia より引用しています。

人毛の医療用ウィッグはBerry&Roseへ。抗がん剤治療中や円形脱毛症患者さんに、高品質人毛100%バージンヘアを使用したおしゃれな医療用かつらを販売しています。既製品の他にもオーダーウィッグも取り扱っております。かつらを使う人と同じ目線で、的確にアドバイス。

日本人の死因ワースト一位はがんですが、昔と比べると格段に治療の成果が上がっています。胃がんや肺がんは早期に発見することが可能ですし、悪性リンパ腫や白血病は抗がん剤が良く効くと言われています。がんは治る時代になっていますし、悲観的に捉える必要はありません。その一方で、抗がん剤治療には様々な副作用があります。嘔吐下痢、食欲不振、骨髄抑制です。ただ、これらにも有効な対処方法が出てきています。最もダメージがあると言われているのが、脱毛だと言われています。無論、治療が終わると髪の毛は生えるのですが、抜け毛が多いと周囲の視線が気になるはずです。QOLが落ちてしまいますし、闘病への意欲も萎えてしまうのではないでしょうか。そんな中、脱毛の有効な対策として注目されているのが、医療用ウィッグではないでしょうか。闘病中にだけ装着することが出来ますし、小学生や中学生は医療用ウィッグで登校をしています。これだと友達からからかわれることもありませんし、感染にさえ気を付けていれば、公共交通機関での移動も可能ではないでしょうか。髪は女の命と言いますが、脱毛は精神的なダメージが大きいと言われています。一時的にでも凌ぐことが出来ると、闘病へのモチベーションが上がるはずです。かつての医療用ウィッグは人工毛でしたが、近年は人毛が主流になっています。人毛は自然な仕上がりになりますし、ドライヤーを使ってセットをすることも出来ます。医療用ウィッグの専門店も増えていますし、インターネット上には色々なウィッグが紹介されています。大きい病院であれば、ウィッグレンタルが可能となっています。無料もしくは格安で借りることが出来ますし、看護師に相談してみてはどうでしょうか。昔は敬遠されていたウィッグですが、人毛ウィッグの登場で様相は大きく変化しています。怪我を負った場合も使えますし、明るく前向きにリハビリを頑張れるのではないでしょうか。
<<関連情報:医療用ウィッグ 人毛>>
PAGE TOP ↑