フォトスタジオ エアライツ

Home > ビジネス支援> フォトスタジオ エアライツ

宣材写真 【横浜 フォトスタジオ エアライツ】


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

100枚以上のサンプル写真を掲載させて頂きましたので 他店さんと比較検討して下さい。女性誌「JJ」さんからも「写真が美しすぎる。実力派のスタジオ!」とうれしすぎるコメント頂きましたので 期待したお越し下さい。横浜市 港北区にあるスタジオです。新横浜駅より徒歩7分。

オーディションで合格率を少しでも高めたいと感じているのであれば、宣材写真の完成度を高めることが必要不可欠です。自分自身でアプリケーションソフトなどを使い、写真を編集するのも悪くないですが、素人判断で実践するよりは、プロフェッショナルな技術で修正してくれる、写真館にお願いをした方が良いでしょう。実際に全国規模で調べれば、オーディション用の宣材写真の作成に精通している業者を、たくさん見つけ出すことができます。まずは、信頼と実績のある写真館を探すために、いろいろなツールやコンテンツを活用して調べるようにしておきたいところです。宣材写真の作成が上手だと言うことで有名な写真館であれば、いろいろなところでピックアップされているでしょう。インターネットや雑誌などでピックアップされている優秀な写真館に注目して、その上で声をかけることが大切です。ある程度厳選できたら、特徴を把握するためにホームページに目を向けるのが基本となります。ホームページでは、どのくらいの料金がかかるのか掲載されているので、見ておいた方が良いでしょう。今までの撮影事例なども確認することができるので、一石二鳥です。撮影事例をチェックしておけば、その写真館の撮影テクニックなども、前もって確認することができます。衣装等を貸し出ししているところもありますし、有料になりますが、ヘアメイクを手伝ってくれるところもあるので、かなり利用しやすいでしょう。撮影だけではなく、その他のサービスも充実している写真館かどうか、見定めることが大切です。基本的に宣材写真の作成に関しては、ポーズが増えるごとに、料金が発生します。たくさんのポーズをまとめて撮影してもらうことによって、お得な値段になる写真館も多いので、チェックしておきましょう。どのような料金体系になっているのかを確認して、予算内でできるかどうかだけでも、把握しておきたいところです。撮影した後のファイルは、特定のストレージに移し、いろいろなオーディションにすぐチャレンジできるようにしておくことが重要となります。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
PAGE TOP ↑