株式会社オーダ工業

Home > ビジネス支援> 株式会社オーダ工業

パネルハウスのオーダ工業|快適トイレ、屋外トイレ、仮設トイレ、ガードマンボックスの製造から施工まで自社一貫対応。


スーパーハウスの関連情報

スーパーハウスは、株式会社ナガワが販売するプレハブ式ユニット住宅の商品名で、登録商標である。 設置後の移設・増設が可能なタイプもあり、仮設事務所・休憩所等に利用されている。最近では、内装・外装等も一般住宅と遜色ない材料が使われているタイプもあり、事務所・店舗・住宅としても使用可能なレベルのタイプもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お客様の想いを、しっかりとカタチに。

小さな事務所でも、社員が安心して働けるように、世の中の変化に合わせて、いろんな取り組みを進めていく事が必要になります。例えば、たばこを吸う社員がいる場合、事務所内でほかのスタッフがいる状態でたばこを吸うと迷惑をかけてしまうため、喫煙専用のスペースを用意する事も大事です。部屋でたばこを吸うと、煙が部屋中に広がってしまい、周りの人の健康に影響を与えてしまう恐れがあるため、注意が必要です。また、たばこの煙の臭いが苦手な方は多く、仕事をする中で集中力が落ちてしまう恐れがあるため、たばこを吸う方も吸わない方も安心して働ける環境を用意する事が重要です。喫煙ボックスを用意する事で、たばこを吸いたい方はそのスペースでたばこを吸ってもらうようにルールを作り、たばこの臭いで悩む社員が出ないように対策を取れます。たばこを吸うのに適したスペースの喫煙ボックスを見つける事で、小さな事務所でも空いているスペースに無理なく設置を進めていく事が可能です。会社で働く方の事をきちんと考えながら、受動喫煙対策をきちんと進めたり、仕事中に煙草についている火でトラブルが発生しないようにする事も求められます。工場など、火が原因で火災が発生するリスクがある環境では、たばこを吸うなど、火を使う場合、安全な場所でたばこを吸えるように環境を整えていく事が大切です。喫煙ボックスなら、安全にタバコを吸えるスペースを確保する事ができますし、風が強い時にたばこの煙や吸い殻が遠くに飛ばされてしまう事のないように注意できます。きちんと喫煙ボックスを用意する事で、吸い殻をきちんとひとつの場所にまとめておき、処分しやすくするなど、安全やきれいな職場環境を整えるために必要です。たばこをどこでも吸えるようにしてしまうと、マナーの悪い人は道に煙草をポイ捨てしてしまう方も多くいるため、周辺にごみがたくさんあり、掃除が大変になるため、対策が重要です。
PAGE TOP ↑