サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

Home > サービス業> サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式 「Koheiサンドアートオフィス」 - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。

サンドアートとは、文字通り「砂」を素材にして行われる芸術活動全般の事です。最もイメージがし易いのは、砂で造られる「砂像」ではないでしょうか。有名な国内外にある建造物や有名人の立像、アニメや映画のキャラクターなどを砂で作り上げるものであったり、アーティストの感性によって自由に奇抜に作りあげるものであったり、形も大きさも様々で、とてもリアルに作られていて砂とは思えないくらい迫力がある砂像もあります。また、砂を使ってパフォーマンスを行ったり、絵を描いてみたり、色も形も大きさも変幻自在に変える事ができる砂だからこその表現方法は無限に広がってくるものではないでしょうか。しかも、役目が終わったそのアートを何もなかったように、まっさらにできると云うのもサンドアートの魅力と云えます。誰しも幼いころ、公園や学校にある砂場で山を作って、両側から手でトンネルを掘り進めて貫通させて遊んだり、ままごと遊びで砂をご飯に見立ててお茶碗によそったり、砂と云うのは想像力の湧く素材だと云う事を、遊びを通して気付いています。ですから、サンドアートも誰もが体験した「砂場遊び」の、延長線上にあって更に想像力の翼を伸ばして広げていけるアートだと言えましょう。それは即ち、プロのアーティストでなくても、砂さえあれば自由な発想で表現できるので、とても身近で誰でもできる芸術活動です。最近、子どもが砂場で遊んでいる光景を余り見かけなくなってしまいましたが、子どもの想像する力や、物を作ろうとする力、クリエイティブな感性を磨いていける優れた素材ですから、もっともっと体験させてあげた方がいいのではないでしょうか。砂浜に作られた砂像は、波に削られてやがて消えてしまいますが、築き上げた工程も、風に吹かれて少しずつ形を変えていく工程も、消えて無くなっていく工程も、全てひっくるめてサンドアートです。こうした芸術に触れる機会が、どんどん増えたらいいですね。
<<関連情報:サンドアート>>
PAGE TOP ↑