セルフオーダーシステム導入なら日本システムプロジェクトへ

Home > サービス業> セルフオーダーシステム導入なら日本システムプロジェクトへ

セルフオーダーシステムを飲食店で導入するなら日本システムプロジェクト


POSシステムの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セルフオーダーシステムの導入をご検討なら「株式会社日本システムプロジェクト」。ネット環境に左右されない飲食店向けセルフオーダーシステムで業務の効率化をサポート。安心の365日24時間サポート体制が整っております。まずはお気軽にご相談下さい。

セルフオーダーシステムの利点は、 人的な費用のカット 、それから発注ミスの軽減 さらに、業務能率化による収益性向上などがあります。 まず人的な費用のカットについてですが、 店サイドはテーブルへとオーダーをとりに行く労力が省けることから、少人数でマネージメントすることができるようになり、従業員にかかる費用削減が望めます。 たとえば、居酒屋においては、一番に乾杯のドリンク、さらにサラダそして、揚げ物やアルコールなど、1つのテーブルが何回もオーダーを出すことが大半です。そうしたスタイルの飲食店であれば、シフト管理はまさしく死活問題といえます。 1人従業員が少なくなってしまうだけで、店の中の回転率が急に下がります。しかしながら、注文をセルフオーダーシステムにするならば断続的なオーダーに対処し、たくさんの従業員をセッティングしなくても数多くのテーブルへ食事を供与できるでしょう。実際のところ、非常に多くの居酒屋のチェーンで、タッチパネルスタイルのセルフオーダーシステムの端末を導入しています。 また、発注ミスの軽減ですが、 セルフオーダーシステムを採用することで聞き間違いなどを通して、料理の総数をミスしたり運搬すべきテーブルを間違えてしまうというヒューマンエラーはなくなります。軽微なミスをとても大きなトラブルに関連させようとするクレーマーもよく見られる現在、なるべくならミスはゼロに近づけた方が良いでしょう。そういったところ、セルフオーダーシステムでしたら、店の来訪者が自らオーダーするので、注文を間違えることはありません。きちんと記録が残存するので、気をつける必要があるユーザーに対してのサービスも円滑です。そして、業務能率化による収益性向上の可能性 があります。回転率の改善並びに売上額の好転、廃棄率のダウンなどたくさんの業務能率化に結びつきます。そのうえで、そうしたものは積み重なることを通じて収益性が向上することに繋がります。
<<関連情報:セルフオーダーシステム>>
PAGE TOP ↑