三和産工株式会社

Home > サービス業> 三和産工株式会社

蓄光式避難誘導標識システムの構築なら|三和産工株式会社


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。

暗い場所では、居場所が分からなくなってしまう事もたまにあります。それで飼い主としては、困ってしまう事も珍しくありません。どういう事かというと、ペットの居場所が不明になってしまう訳です。多くの方々は、ペットを散歩する為に、首輪などは装着させています。毎朝早い時間帯に、ペットと共に散歩している方々も少なくありません。しかし夜の時間帯になりますと、ペットに対するリスクが高まってしまう事もあります。ですから蓄光性能がある製品などは、検討してみるのも一法です。というのも夜の時間帯は、明らかに昼間の時間帯と比べると、周囲が暗くなってしまいます。それでペットの居場所が分からなくなってしまう事もある訳です。一歩間違うと、ペットが迷子になってしまう可能性もありますから、夜の時間帯は少々危険な一面があります。ところで一部のペットのメーカーは、特殊な製品を販売している事もあります。蓄光性能がある首輪です。その性能が備わっている首輪は、やや明るい時間帯には、光エネルギーを吸収してくれる性質があります。昼間の時間帯などは、太陽の光も明るく照射されていますが、その光も吸収してくれる訳です。それで夜の時間帯に、その光を吸収した首輪は、光を放ってくれます。ですからペットが少し離れた場所にいても、光ってくれる首輪により、簡単にペットの居場所を把握できる訳です。ちなみに蓄光性能だけでなく、夜光塗料が採用されている首輪を使ってみる選択肢もあります。しかし夜光塗料の場合は、原則として光源が求められます。例えば蛍光灯の光などが近くになければ、肝心の夜行塗料が光ってくれませんから、首輪が本来の役割を果たしてくれません。それではペットの居場所が不明になってしまいます。しかし蓄光の性能がある首輪の場合は、近くに光源があるかどうかは関係ありません。たとえ近くにライトなどがなくても、自然と光を放出してくれるからです。ですからペットを飼っているなら、蓄光性能がある首輪はおすすめです。
PAGE TOP ↑