ペットパパ

Home > ライフ> ペットパパ

東京のペット火葬・葬儀|ペットpapa(ペットパパ)


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ペット火葬、ペット葬儀、移動ペット火葬車を使った東京のペット訪問火葬サービスです。スタッフの作る可愛い手作りグッズがペット火葬、ペット葬儀を優しく演出します。ペットらしいお別れを、ご一緒に。

半年前から白内障になったり、耳が聞こえなくなるなど、老齢による症状が出ていました。かかりつけの獣医からも年齢的なことを考えて、覚悟をしたほうがいいといわれていたので、自分の中では覚悟をしていたつもりでした。しかし13年という長い月日を一緒に過ごしてきたので、愛犬が亡くなったときは頭の中が真っ白になりました。以前から人間と同じような葬儀ができたらいいと考えていたので、東京でペット火葬を行っている会社に相談をしました。そうしたら自宅でペット火葬を行うことができるということを教えてもらい、お願いすることにしました。散歩に行くよりも自宅で遊ぶことのほうが好きな愛犬だったので、最後まで家で過ごしたいだろうと考えたからです。移動火葬車両を利用することができるので、自宅で簡単なセレモニーを行うことにしました。愛犬の小さい頃の写真を並べて、思い出を家族や友人を招いて語りました。そして愛犬の周りに、自宅で育てた花とおもちゃを詰めてから、火葬をすることにしました。葬儀を行うことによって少しずつ気持ちが冷静になってきて、ちゃんと送り出そうという気持ちになりました。移動火葬車両で火葬をしてもらったので、そのまま自宅で待機して遺骨を拾いました。大事な箱に遺骨をおさめて、今も自宅で供養をしていますから、寂しさが和らいでいます。

注目キーワード

葬儀委員
一般に社葬や団体葬、お別れの会などを運営する葬儀委員会の委員のこと。社葬や団体葬では役員クラスがメンバーになる場合が多い。
葬儀委員長
一般に社葬や団体葬、お別れの会などを運営する葬儀委員会の長のこと。社葬の場合は特別な場合を除き、故人が所属した会社の社長や会長がなることが多い。
<<関連情報:ペット火葬 東京>>
PAGE TOP ↑