DoctorUP

Home > サービス業> DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

医師を務めていると年収が高い分、税金の支払い額も高い傾向があります。もちろん、社会貢献として仕方がないことではありますが、やはり少しでも節税はできないかと思い色々と調べて節税対策を実践してみようと考えました。 まず勤務先のクリニックから給与所得として給与をもらっている医師の場合、サラリーマンと同様に既に給与所得控除と呼ばれる経費に該当する部分は引かれています。その為、学会費や書籍費などを節税することはできないことが分かりました。 そこで、クリニックに勤務している医師が対策をできる部分はどこなのかと調べてみると、不動産投資を行うことで対策になるということが分かりました。 不動産には大きく分けると1棟のものと区分のものがあり、費用がかからないのは区分のものなのですが、投資費用が安くて済むのは区分のものだったので、区分のものを購入してみることにしました。 まず不動産を購入すると購入した初年度は初期費用に加えて減価償却費が家賃収入を大きく上回り大きな赤字になってしまいました。 しかし、これは問題がなく、この赤字となった金額が所得に合算されるので、見かけの所得を減らすことができて、その結果として所得税を抑えることに成功しました。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
PAGE TOP ↑