NEXT LIFE

Home > ライフ> NEXT LIFE

ペット火葬は北海道札幌市「株式会社ネクスト・ライフ」|移動火葬車


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

【北海道全域に出張可能】ペット葬儀・ペット火葬は北海道札幌市「株式会社ネクスト・ライフ」にお任せ下さい。無煙・無臭、ダイオキシンを発生させない移動火葬車でお伺いします。最後まで心をこめて対応させて頂きます。お気軽にお問合せ下さい。

犬や猫をはじめとして様々な種類のペットが家族のように飼われるようになりました。しかし動物は人間よりも平均寿命が短いのが普通で、どうしても悲しいお別れをしなければならなくなる事が多いです。楽しいひと時を過ごさせてくれたペットを大切にお見送りしたい場合に、ペット火葬を行う飼い主も多くなりました。札幌にはインターネットで調べてみると10件以上のペット葬儀社や霊園がヒットします。それぞれの特徴も簡単に比較する事が出来て選ぶ際の指針になります。ペット火葬を利用する動物は、ネットリサーチ会社の調べでは6割程度が犬で3割弱が猫でその他の動物が1割程度という圧倒的に犬や猫が占めています。その他の動物は鳥類や爬虫類やタヌキや猿や金魚など、一般的にはこんな動物を受け付けてくれるかなというものも含まれていて札幌のペット火葬を扱っている会社でも対応してくれる所が多いです。人間と同じようにお別れをしたい人にとっては個別火葬や個別墓地も選ぶ事が出来ます。個別火葬は合同火葬と違い他のペットの骨が混じらないので、骨の一部を持ち帰り近くに置く人も多いです。ネットリサーチでは個別火葬の7割程度の人がご返骨を希望するようです。札幌にペット専門の葬儀社が10件以上と多い背景にはペットを飼う人が多くなっている事も大きいですが、行政が行う方法が飼い主のペット愛とのズレが大きいのも原因かもしれません。ペット愛好者は最後の別れも人間のように接したいという思いからペット葬儀所を選ぶ事が多いですが、特に多いのが移動火葬車を使う事です。移動火葬車ならばペットが慣れ親しんだ所で最期のお別れが出来ますし、参列する人も来やすいという大きなメリットがあります。移動火葬車で行う事が出来るペットならば9割程度の人がこちらを選ぶという結果が出ています。24時間受付が可能だったり、時間がない人にも便利な深夜火葬を行う所があるなど札幌のペット火葬は便利になっています。

注目キーワード

葬儀実行委員
社葬などの企画や進行などの実務を行う人達のこと。受付係や案内係、駐車場係などがいる。
葬儀実行委員会
社葬などで実務を担当する人達で構成する実行委員会のこと。比較的規模が大きい会社の社葬の場合では総務部長が葬儀実行委員長となり、中心となって動く。
<<関連情報:ペット火葬 札幌>>
PAGE TOP ↑